スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第34回知財系読書会開催予定

次回の課題図書が決まりました。

1.課題図書  
内田 和成 編著「ゲーム・チェンジャーの競争戦略 ―ルール、相手、土俵を変える」
https://www.amazon.co.jp/dp/4532319587/

<アマゾンでの内容紹介>

ライバルと同じ土俵では戦わない! スマホゲームの台頭で苦戦する任天堂、商品売上よりも会費で稼ぐコストコ、不動産業者に変身した住宅メーカーの大和ハウス工業――。競争のルールを破壊する戦い方と、その防衛策を明らかにします。

販売チャネルやコスト構造、得意とする技術や業態、ブランドイメージがまったく異なる相手と戦う局面(異業種競争)が、成熟する市場のなかで増えてきています。本書は、そうした戦いのなかで「競争のルールを破壊している企業(ゲーム・チェンジャー)」にフォーカスします。

ゲーム・チェンジャーの戦い方は、「秩序破壊型」「市場創造型」「ビジネス創造型」「プロセス改革型」の4つのタイプに類型化できます。秩序破壊型は、相手の儲けの仕組みを無力化してしまいます(スマホゲームやリブセンス、コストコなど)。市場創造型は、顧客が気づいていない価値を具体化します(JINS PCや東進ハイスクール、青山フラワーマーケットなど)。ビジネス創造型は、まったく新しい事業モデルをつくり出します(価格.com、オキュラスリフト、カーシェアリングなど)。プロセス改革型は、バリューチェーンを見直すことで、新たな価値をつくり出しています(アマゾン、セブンカフェ、ゾゾタウンなど)。

新たに持ち込まれた戦い方が競争のルールを破壊してしまえば、それまでの企業の勝ちパターンは簡単に失われてしまいます。しかし、新たな勝ちパターンをつくるという側に立てば、新規事業やイノベーションを起こすための視点を持つことができます。自社の事業領域をさらに広げたいと考えている人にとって、いま起きている戦いはチャンスです。
また、既存企業にとっては、自分たちにどんな競争相手が出現し、どんな競争を仕掛けてくるのかを理解したうえで、どう対抗するのかといった防衛戦略をとることが重要です。本書は、攻める側だけでなく、攻められる側(既存プレーヤー)の戦い方にも注目します。


2.範囲
全章
<目次>
第1章 新たなゲームのはじまりー激化する異業種競争
第2章 相手の儲けの仕組みを無力化するー秩序破壊型
第3章 顧客が気づいていない価値を具体化するー市場創造型
第4章 新しい事業モデルをつくり出すービジネス創造型
第5章 バリューチェーンを見直すープロセス改革型
第6章 既存プレーヤーはどう対抗するか

有志二人で前半と後半それぞれ担当します。

3.日程 
7/10(日) 14:00-17:00

4.場所
 佃区民館
東京メトロ有楽町線または都営地下鉄大江戸線月島駅下車4番出口 徒歩1分
都バス「門33亀戸駅-豊海水産埠頭」月島駅下車 徒歩2分

*会員以外で参加したい方は
事務局連絡先:marunire@yahoo.co.jp にご連絡ください。
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿




URL:

本文:

パスワード:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。