第23回読書会レポート (09/17)

以下のとおり、第23回読書会を開催しましたので、ご報告します。

■第23回読書会報告書
日時:2014年9月17日(水)19:00~21:00
場所:京橋区民館 和室 7号室和室
参加者:@yng4さん(発表者)、ama_sciさん、@tparkmさん、@shun5_fさん、hikitaさん、@amulet2409さん(記録)
課題図書:「発明家に学ぶ発想戦略 イノベーションを導くひらめきとブレークスルー (Harvard Business School Press)」
エヴァン・I・シュワルツ (著) 
第3章~第5章


第3章 パターンを認識する
【パターン認識】
・「パターン認識」という表現が、以下のような複数の意味に用いられている?
・特徴抽出
・課題と解決とを繋げる洞察力
きちんと理解するには、原文の表現を確認する必要がある。


【二重らせんの発見】
・ロザリンド・フランクリンの功績に関する評価は不当な書き方になっている。
ロザリンドが撮影した写真を、ウィルキンスがワトソンに見せたことが二重らせんの論文に繋がった。
それにもかかわらず、ロザリンドの名前が論文に掲載されなかった。


第4章 チャンスを引き寄せる
【セレンデイピティ】
・「発明につながった過失やアクシデントは、ふさわしいときに、ふさわしい場所で、ふさわしい人に起こっているのである」
「ふさわしい」よりも、「然るべき」という訳語が適切だろう。
顕在意識的あるいは潜在意識的に待ち構えていることが、過失やアクシデントを見逃さずにに発明することにつながる。


【セレンディピティの例】
・マイヤーソン、ノーベル、スペンサー、メストラル、シュラッター等の事例が多数掲載されている。
・現在の安全対策をきちんと守っていれば、発見不可能だった事柄も多い。
当時は、危険であることを知らなかった。
現在行われている事柄も30年後には「よくあんな稚拙な設備と知識で。。。」と言われるのだろう。


第5章 境界を横断する
【学際領域】
・生物物理学、物理化学等、二つの分野の融合をうたう学科が沢山作られた。
しかし、結局は更に狭い領域に特化している。


番外編
【詩人】
・第2章 P53の「詩人」が発明に参加することについての資料提供
出典;ルクレチウスと科学    寺田寅彦著
科学者が持つべき能力を以下の3軸で表す
L:ルクレチウス的直観能力
S:数理的分析の能力
K:器械的実験によって現象を系統化し、帰納する能力
L軸上に位置する人が詩人である。


【目標管理制度と発明】
・目標管理制度のもとでは、できそうな目標を立てる事になり、新しい事に挑戦しにくい。 → 発明の敵
・少なくとも基礎的な段階では「結果」ではなく、「やった」事自体を評価している企業もある。
・「何をしたか」よりも「何をしようとしたか」で評価した方が、発明を生み出すには適している。


【発明と喧嘩の類似点】
・どちらも、何をするのか予想がつかない人が強い。



20140917-読書会
@amulet2409さん、写真提供ありがとうざいます。
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿




URL:

本文:

パスワード:

管理者にだけ表示を許可する