読書会の具体的な進め方

読書会事務局の@akikokaです。

このブログを見て、読書会をどのように進めているのか、疑問を持たれる方がいるかもしれません。そこで、読書会発足時に、読書会メンバーに向けて@furyoshainさんが書いた文章をご紹介します。これで、読書会のイメージを掴んでもらえるでしょうか?


① 事前準備
読書会の開催前に、参加者で協議して課題図書を決定します。課題図書のボリュームにもよりますが、この課題図書を数回に分けて輪読します。
輪読するのですから、各回毎にチューターを指定します。チューターは、当日発表の準備として、担当部分の課題図書を精読することに加えて、参加者向けのレジュメ(要約)を作成し、また、必要であれば、課題図書の担当部分に関連する書籍等で学習をします。

② 当日
担当チューターは、当日、レジュメを人数分用意し、このレジュメ及び課題図書に従って、担当部分の発表を行います。時間は1時間以内がいいと思っています。
その後、参加者で座談会的に意見交換をする時間を持ちたいと思っています。このためには、チューター以外の参加者も課題図書の担当部分を事前に読んでいていただくといいのですが、時間がない場合には強制しません。

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿




URL:

本文:

パスワード:

管理者にだけ表示を許可する