第46回読書会レポート



第46回知財系読書会 (7/17)
日時:2018年7月17日(火) 19:00-21:00
場所:京橋区民館
未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)
http://amzn.asia/fOgb7u4

参加者:
東京支部:amuletさん、tparkmさん(担当)、yng4さん、maruoka(記録者)

発表者からの指針:
課題図書では、今後人口が減りますよ。今後どういったことがおこりますよ。
ということを述べている。
それに対してこの読書会メンバーとしては、それを応用してどんなことが考えられるのか
検討、討議する(ブレスト)。


人口の減少とともにITエンジニアも減少する。
現状では、1人月、いくらと計算している。
何人あつめて1パッケージかで料金を出している。
プログラムのLINE数で工数を加算するので、コンパクトにしても料金に反映されない。
能力ある人に付加価値を得られるようになっていない。

分業化がすすんでいる。
ハードの人はチェックまでが仕事、
ソフトも書ける。という会社もある。
ハードの人は信号をパラレルにとらえられる。
ソフトの人はシリアル志向、
ハードの人は信号が同期した場面を想定できるのでバグも見つけられる。
そのようなIT人材が不足する。
本社の人は現場わからず、直せなくなる。

2000年問題のときのcobol問題のよう、年寄りが集められて対応した。
高齢化問題も再度、プログラムを勉強させ人材を再利用すべきと思う。

本書では、男性の介護率高いとデータを使っている。実際にはそんな男性は少ないのでは?

認知症が多くなるところで、胃ろう問題、生き永らえさせるのはどうかと、、、

同級生婚が増えるデータについて、筆者の言いたいこと不明だ。
人口減少とのリンクが不明。

人口推計から5000万人に減ってもドイツの人口と同等になるだけ、
減少を恐れなくてもいいのではないか。
購買力も落ちるので、日本へ魅力が少なくなる。

人口増加の国としてインドのほか、アフリカが考えられる。

移民を増やしても、税収は増えない。日本は給料が低い国になっている。出稼ぎの魅力がなくなってきている。
わざわざ来なくても、
レジの現場では新人中国人に仕事を教えるのに中国語ができないとならない。
白馬スキー場;ウェートレスは中国語、日本語、英語できる中国人が多国籍の客をさばいている。グローバル人材化している。

-----
<ワーク1>
人口が減るだけでなく次の重要な課題はなにか
一人、3つ、ポストイットに書いてください。

<ワーク2>
ポストイットを種別ごとに分類し、
この中から1テーマを選びさらに深堀する。

<ワーク3>
人口減少に伴い、それを克服するAIなど技術が未発達
という点に課題がある
をテーマに深堀した。


---------------------------------
読書会全体の意見
・リードフォーアクション;作者に対して質問を列挙、別の人が作者になりかわり、回答を提示する。という手法もある。
・ブレストでは、批判しないが教科書的、しかし批判してもいい。その代わり対案を提示せよとするほうが発展する。
・制約ありのブレストの方が効率的






スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿




URL:

本文:

パスワード:

管理者にだけ表示を許可する