第42回読書会レポート (11/02)



第42回知財系読書会
日時:2017年11月2日(木) 19:00-21:00
場所:京橋区民館
課題図書:
  探索戦略の迷走―富士フイルムとコダックの分岐点―
  https://www.jstage.jst.go.jp/article/amr/advpub/0/advpub_0170512a/_pdf
 
  二刀流組織からみた富士フイルムの企業変貌プロセス
  https://www.jstage.jst.go.jp/article/amr/16/1/16_0161116a/_article/-char/ja/ )

参加者:
東京支部@京橋区民館:maruokaさん(主担当)、tparkmさん(副担当)、kawamuraさん、yng4さん、ama_sciさん、tanatosさん、amulet(記録)
中部支部:KMDさん

今回初めて、スカイプでの遠隔参加(音声のみ)が実現しました。
KMDさんとリアルで顔を合わせたことのあるメンバーが多かったこともあり、スムーズに会話が弾みました。

いつも以上に、議事録に書けないオフレコネタ(裏事情等)が多く登場しました。
興味のある方は、是非リアルで御参加下さい。
 
・富士フイルムの組織、事業構造等
近年売上高が急拡大した理由の一つは、富士ゼロックスを連結対象にしたこと。
これだけで、売上高が倍近くに増えている。
 
・コダックの現状
2012年に経営破綻した。
現在のコダック(新生コダック)は、別法人。
  コダックジャパンの主力事業は、オンデマンド出版等の大型印刷装置。

・探索戦略の迷走―富士フイルムとコダックの分岐点― 図7のグラフについて
  筆者が指摘する通り、富士フイルムでは1998年以降探索分野の出願が急激に伸びている。
  実は、この時期には富士フイルム全体の出願が延びており、探索分野だけが突出して伸びたわけではない。さらに、富士フイルムだけでなく、日本企業全体の出願が増加した時期でもある。
 
・探索戦略の迷走―富士フイルムとコダックの分岐点― 図10のグラフについて
コダックの医療部門の製品は、X線用のフイルムであり、医療機器事業は無かった。
X線のデジタル化に伴い、フイルム市場が消滅したので、撤退するしかなかったと思われる。
 
・富士フイルムとコダックとを対比して語られることが多い。
富士フイルムとコニカミノルタのように、事業転換に成功して活動している企業同士を比べた方が面白い結果が出るのではないか。



第42回読書会-IMG_0532(ぼかしmini)-20171102
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿




URL:

本文:

パスワード:

管理者にだけ表示を許可する