第4回読書会レポート

読書会事務局の@akikokaです。

1週間ちょっと前に第4回読書会を開催しました。そのときのレポートを@minotsu_tymさんが書いてくださったので、掲載します。

日時:2011年10月23日(日)13:30~15:30
場所:新宿 ルノアール会議室
課題図書:『御社の特許戦略がダメな理由』(第5章)
発表者:@princeduckchanさん
参加者:7名(@furyoshainさん、yngさん、@akikokaさん、 @szkmtkさん、@0526Yukkoさん、@Parade_82さん、@minotsu_tym(議事録))

 第5章は特許戦略会議の具体的事例の紹介であり、今回も「もし自社で特許戦略会議を行うとしたら」という視点で意見が交換されました。
 特許戦略の目的とは、著者が繰り返して述べているように「会社の利益の最大化」です。しかし、企業の規模によっては単純に「会社の利益(全社レベル)」と割り切れるわけではなく、「事業部の利益(事業部レベル)」も考慮し、他にも様々な要因を検討していって、自社の目指すべき「会社の利益の最大化」を考えていく必要があるのでは、という議論がされました。
 議論は、特許の質について話題となり、開発部門、事業部に課される「ノルマとしての特許出願件数」との関係について意見が交換されました。
 一見、相反する「質」と「出願件数ノルマ」ですが、一定量の出願があってはじめて質の良い特許が生まれるという側面もあり、またクロスライセンスという場面においては「数」が有力な武器ともなるという意見が出されました。
 発明者の観点からは、開発部員が特許を書くことの弊害について意見が出されました。つまり、技術的には重要でなくても、開発部員が明細書を書いて特許出願件数をかせぐことにより対外的には仕事をしているように見えて、評価されてしまうことになる、という点です。これでは開発部門内で不公平感が生じるということです。
 このような弊害を無くするためには、知財部が開発ミーティングに参加することが一つの解決法ではないかとの意見が出されました。個人的には、発明者から出される発明が部門長や知財によりチェックされ、公平性を保ち、 特許出願について健全な競争関係が形成されるような仕組み作りや配慮が必要だと感じました。
 一方、開発部員にノルマを課すことが、社内の特許出願を活性化させることもあるとの意見がありました。例えば、開発部員は、今年度一人一件の出願を目標とする等の試みです。これにより埋もれていた技術が有力な特許になる可能性もありますし、開発部員に対する知財教育として役立つこともあるということです。そもそも開発部員に特許出願ノルマを課すことは、このような啓蒙的意味合いもあったということでした。

 次に議題は、「特許戦略(他社の排除)により事業利益を最大化することが、特許戦略会議の共通認識になれば大きな力になる」という著者の意見を受け、それでは「特許戦略会議を行うにあたっての下地作りが必要ではないか?」ということについて意見が交換されました。
 一つの意見として「知財と開発の共存」という議論がなされました。ビジネス的に強力、つまり他社の参入の障壁となるような特許ははじめから存在しない。知財と開発が、会社の利益のために、発明に対して建設的な批判、逆提案を行い、相互に問題解決していこうとしていく関係作りを目指すべきではないか、ということです。
 もちろん、事業部や営業の活きた情報を踏まえることで、さらに開発や知財の意見が膨らめば理想的との意見がありました。
 個人的に、一知財部員として、「強い特許、排他力のある特許とは?」ということについて開発部門と活発な意見交換をしながら、良好な関係を築くことが、特許戦略会議の下地作りの一助になるのではないかと思いました。
 最後に顧客への権利行使や、実際にライバル企業を特許によって排除することについて話題となりましたが、現実問題として難しい面があるということでした。
 第5回は、発表者のprinceduckchanさんの的確な問題提起や、発明者側というお立場から参加頂いたYさんにより、活発な意見交換ができ、非常に有意義な読書会になったと思います。
以上

@minotsu_tymさん、
詳細なレポートをありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿




URL:

本文:

パスワード:

管理者にだけ表示を許可する