第38回読書会レポート (1/14)



第38回読書会議事録

日時  :2017年2月14日19:00~21:00
場所  :八丁堀区民館
課題図書:UXの時代――IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか 松島聡著、英治出版
参加者 :@ama_sciさん(発表)、@yng4さん、@shun5_fさん、maru(記録)4名

1.シェアリングリサイクルの波

  本書では広告、個人情報回収のビジネスモデルについて一切ふれず。p.13に至ってはことさら
  述べるべきか?と疑問。限界費用社会という言葉が好き。
  垂直から水平へ構造変化の流れ、企業も知財など別会社化してフラットな組織になっている。
  ニューエコノミといえば聞こえがいいが、60年代から言っているのでは?
  アマゾン、GOOLE、GE、トヨタの流れは、分かりやすい。
  P.40 iPHONEの戦略。CLOSE戦略でありながら、アプリをOPENにしてすそ野を広げた。うまいやりかた。、
  P.43 グラフの見せ方が気になる。100%でなくぎざぎざになるほうがしっくりくる。
     自社開発はコア特許が残るタイプ。日本の自社開発が少ない気がする。
     ここの外注とは下請けを言っているのか?グループ企業内への下請け??
  P.45 バブルの時期は異業種参入が盛ん、新日鉄がカランコエを販売。みんなバイオに手を出した。
    しかし、結局本業へ回帰した。

2.IoTでつながる
  ラズパイ
  P.48 Z80 とラズパイは違う。ネットにつながることがすごい。ハンズオンが流行っている。
  Raspberry PiとArduinoでちょっとしたネットワーク、CPUが、USB、Ethernet、HDMI介して外界と接続する・

  SORACOM
  NTTドコモとの仮想移動体通信事業者(MVNO)契約を締結し、NTTドコモの基地局を利用するIoT基盤。
  専用線でプライベート化できる。情報のもれの心配が低減。外から家電を操作できる、。しかし、それが怖い。
  スマホの電池がすぐなくなるという怖さ。情報を垂れ流している証拠に人々気づいてない。

  SDN Software Defined Networking
  インフラ全体の制御によって、マクロに俯瞰してみることができる。
  大資本、財閥の戦い。
  鉄道など事故なども制御可能、2社選択できなくなる。
  コアは某Nが握っている。バックボーンを握っているため某Nが強い。
  大手が囲い込んで独占すると怖い。

3.ビジネスへの移行
P.73 WORKINGシェア
誰の特にもならない。
本書から価値的なことはなし。

P.94 無限のリソース活用法
ここで日本型というが、脱するのは難しい。
カード社会になると物流の履歴が取得できる、全部把握できる監視社会。
スイカで交通人の混み方が把握できる。
捜査当局に流れている??
スマホは片棒を担いでいる。

忘れる権利というが消してくれない。一般時から見えなくしているだけ。メンテしている人はパート、某ネッセ事件もそれでデータを抜かれた。

(備忘)
ビジネスモデル特許とIoTは親和性ありかも!?
通信に詳しい@yng4さんから有意なコメントを多数いただきました。大変勉強になった。





第38回読書会
スポンサーサイト

第38回知財系読書会開催通知

1.課題図書
UXの時代――IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか
  松島聡著、英治出版
  ◇リンク◇

2.範囲 本書の前半
序章 地殻変動の予兆―世界のビジネスシーンで起きている変化の本質
1章 垂直統制型から水平協働型へ―ビジネスも社会も歴史的転換点にある
2章 あらゆるリソースがIoTでつながる―水平協働型シェアリングエコノミーの到来
3章 UXビジネスにどう移行すべきか?

3.発表者
@ama_sci

4.日程
2017年2月14日(火)19時~21時

5.開催場所
中央区八丁堀区民会館 5号室洋室
住所 : 八丁堀4丁目13番12号
TEL : 03-3555-8641
アクセス : 東京メトロ日比谷線またはJR京葉線八丁堀駅下車A2番出口 徒歩2分

◇リンク◇

会員以外で参加を希望される方は、コメントに記入するか以下のメルアドまでご連絡ください。

事務局連絡先:marunire@yahoo.co.jp
題名を「第38回読書会」としてください。