スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第36回読書会レポート (11/19)



第36回読書会議事録
日時  :2016年11月19日19:00~21:00
場所  :人形町区民館
課題図書:ビジネススクールで身につける会計力と戦略思考力<新版> MBA (4) (日経ビジネス人文庫) 大津広一著
参加者 :@tparkmさん(発表)、@amuletさん、@sanukiya1さん、@kurumiusausaさん、@ama_sciさん、@rienovaさん、@tanatos0307

 今回の読書会は課題図書を読むのではなく、課題図書で紹介されていた「会社名からPL/BSの数字を推測する」と「PL/BSから会社名を当てる」という演習を実践しました。
 発表者のtparkmさん進行の元、以下の順番で演習を行いました。
(1)会社名からPL/BSの数字を推測する
Part1. 電機業界
 東京エレクトロンのPL/BSを見て数字に表れる特徴を確認した上で、シャープのPL/BSを想像する。
Part2. 医薬品業界
 ロート製薬のPL/BSを見て数字に表れる特徴を確認した上で、第一三共のPL/BSを想像する。
Part3. 小売業界
 大塚商会のPL/BSを見て数字に表れる特徴を確認した上で、良品計画のPL/BSを想像する。

(2)PL/BSから会社名を当てる
 3社のPL/BSを見、参加者で特徴的と思われる項目や数字について意見を交換しながら、会社名を当てていきました。人によって注目する数字が異なったり、意外な発見があったりとゲームのように楽しく進められました(3社とも正解が出ました!)。

 今回の課題図書の場合、単に中身を読むだけでは「そうなのか」で終わってしまいそうでしたが、本で書かれていたことと同じ演習を行うことで、書かれていることを体感することができたのではないかと思います。本当に楽しい回でした。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。